カテゴリ
全体
Diary
Music
Movie
Takanori Nishikawa
Johnny Depp
ケータイから
以前の記事
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...


シークレット・ウィンドウ

先延ばしにしていたシークレット・ウィンドウのレビューです。

シークレット・ウィンドウ
b0063153_2050682.jpg畔に建つ別荘で新作小説を創作中のベストセラー作家モート・レイニー(ジョニー)。だが彼は、妻エイミーとの離婚調停に身を削られて執筆活動も行き詰まり、スランプに陥っていた。そんなある日、モートのもとにジョン・シューターと名乗る正体不明の男が訪ねてくる。そしてシューターは唐突に、モートが自分の小説を盗作した、と言い放つのだった。最初は全く取り合わないモート。しかし、シューターが置いていった彼の原稿の内容は、モートの著書『秘密の窓』と瓜二つだった。以来、モートはシューターから執拗に付きまとわれ始めるのだが・・・。

b0063153_21321440.jpgジョニーに悩殺される映画です(笑)。
ジョニーファンにはたまらない!最初から最後までジョニー出ずっぱり。ほとんどジョニーの一人演技なんだけど、それでも観客を引きつけられるのは“ジョニー・デップだから”でしょう。終始、ジョニーの演技に魅せられっぱなしです。
シューター役のジョン・タトゥーロもうまいです。見た瞬間、「こいつはヤバイ」って空気を出せるのはすごい。なまった英語がすごく不気味な雰囲気。ミズィズィッピ。いや、言ってみたかっただけ(笑)。

映画の内容は、サスペンス(サイコスリラー?)なのであまり触れられないんだけど、私はちょっとがっかりでした。オチわかりやすすぎじゃ?というかそれ以前に、個人的にはあのオチ自体に萎えるんですが・・・。観る前から、「こ~ゆ~オチだったら嫌だなぁ」と思ってたのが、結局裏切られることなくそのまま終わっちゃいました(しょぼーん)。だからといって映画がつまらないわけではないです。モートを観てるだけでも面白いし(笑)。2回観たほうが面白いかも。新しい発見がいっぱいあるし、かなり丁寧に細かいところまでこだわってつくられているのがわかると思います。もしかしたら、こーゆー楽しみ方をする作品なのかも・・・?





↓↓↓ 以下ネタバレ(&書きたい放題。) ↓↓↓
完全に結末に触れています。この映画は、未見の方は読まないほうがいいですよ。














b0063153_2154594.jpgはじめの車乗ってるシーンから、モート、自問自答しちゃってるし。しかも目逝っちゃってるし。わかりやすー。ここで芽生えた殺意が、シューターをつくり出しちゃったわけですね。潔癖症っぽいもんなぁ、モート。石鹸で手を洗ったり、缶ジュース飲む前に1回袖で飲み口拭いたり・・・ジョニーは役のキャラクターづくりにこだわる俳優だけど、特にこの作品では映画のスパイスになっていて面白い。
はじめのオープニングロール(っていうのかな?)のカメラの動きがすごく好き。秘密の窓から家に入ってきて、2階から1階に降りてきて、鏡を通り抜けるところ。ここからモート目線の虚構の世界に入りますよって暗示だよね。そして、モートが自分のニ重人格に気づいた時、モートもその鏡を抜け出して、虚構の正解を外の世界から見ることができたって演出。そして現実の世界の部屋は、ひどく散らかり荒れている。この演出には、うまーー!って感動した(笑)。
もうひとつの鏡の演出。モートが、かつてエイミーと住んでいた家を訪れた時、車のサイドミラーに何か書かれていたこと気がつきました?(誰に聞いてるんだ)内容は「鏡で見るより現物は近い」っていうようなことが書かれてました。この意味深な注意書きの挿入。面白ー。
b0063153_2234309.jpgモートの中の悪魔も、結構単純な性格だなぁ。エイミーが電話で「チコは元気?」って気にかけてたから、そのあとチコを殺し、家の前でラブラブな二人を目撃したら、そのあと家を燃やし・・・って。
モートが寝ている間に、モートの中の悪魔が覚醒するってことだけど、ウトウトしているときは二人の人格が混ざり合ってるみたいで面白いと思った。同時に、ヒント与えすぎじゃないの?とも思った。1日16時間くらい眠ってるはずのモートなのに、「顔色がわるいぞ。寝ろよ」とかも言われてるし。
最後、花壇に育てるのが、“トウモロコシ”なのがイイ。トウモロコシはミシシッピでつくられている作物らしいですよ。それと、トウモロコシを育てるにはものすごく大量の肥料がいるらしいですよ。これからトウモロコシを食べるときは、いつもモートが頭をよぎりそう(笑)。
モートが気絶する前にリスと目があったのが気になった。あれ、どういうことなんだろ。『秘密の窓』は『誰もが密告者』っていう本の中の短編だったよね。リスも密告者ってこと??(ここまで深く考えることもないのかな。笑)

あと、エンドロール後にちょこっと流れるジョニーの歌がとても意味深で気になってしかたない。歌っているのは、アメリカの童謡。歌詞はこちら。♪Mamma's little baby loves shortnin', shortnin' Mamma's little baby loves shortnin' bread♪の部分だけ歌っているらしいです。歌の内容は(歌詞を全部読んでみると)、病気の子供たちのためにママが作ったショートニンブレッド(クッキーみたいなもの)をくすねてつかまった悪党の歌。最後に“フライパンと蓋と共に捕まった、口の中にブレッドをいっぱいにしたまま捕まった” “フライパンで6ヶ月、蓋で6ヶ月、ショートニンブレッドを食べて6ヶ月、刑務所行きさ”ってあるし。てことは、モートがいずれ捕まることを暗示する歌?で、オケーイ??(自信なし)なんか普通の歌い方じゃないんだよねぇ。なんか咥えながら歌ってる?たばこかな?それとも刑務所の中でふてくされながら歌ってる?トウモロコシ畑を耕しながら・・・?あぁ気になる気になる。
そういえば、モート、車を崖から落とす時にドジって時計落としてるけど、あれが証拠で捕まるんだろうか。あの時計、裏に「I love you, Amy」って書いてあるらしいですよ。ゾクっとしますね。

b0063153_14381237.jpgその他、チェックポイントあれこれ。
*荒れた部屋の机の上にバービー人形。モートはやっぱり子供が欲しかった?
*新生モートがボウイの店で買った物の中に「MORTON SALT」が(笑)。MORTは愛称で、MORTONが彼の本名です。
*ジョニー、「shit!」好き過ぎ。言い過ぎ(笑)。
*エンドロールの「Chico as himself」
*モートが帽子を置くテーブルの上。ハンターSトンプソンの「Rum Diary」という本が置かれています。ジョニーの主演が決まっている映画の原作本です。それ以外にも、ジョニーのお気に入りの本を置いている。

なんだか、観れば観るほど味が出る映画だな・・・。色々ありすぎだから(笑)。
観た人が気づかなくても、つくった人達は楽しいだろうなー。


b0063153_2330015.jpgところでエイミーよ、一体テッドのどこがいいのよ。本気で謎。最大の疑問。(モートが彼女に執着するのもちょっと謎だけど。)モートを旦那に持ってて浮気するなんて、その時点でエイミーなんて死んじまえって話ですよ(笑)。
そんな願いを叶えてくれた後半のモート、本当に素敵ですね(オイ)。エイミーを車から引きずり出すところなんて、本当に冷酷ですごい。テッドを殺す時の狂い具合も良い。
というかエイミーさぁ、テッドがやってきた時、普通あの状況なら「逃げてー!」とか叫ばないか?なんで名前叫んで、自らこっちに近づけてんのよ。ありえないよ。
でもでも、エイミーとテッドはどうでもいいんだけど、チコを殺したのだけは許せない!めちゃくちゃ可愛かったのにーー!チ~~~コ~~~~。


最後に
★モートさん萌え萌えポインツ★(笑)
b0063153_233559100.jpg*寝癖でボッサボサの髪型のモート。可愛いよー。
*ボロボロのバスローブを羽織るモート。可愛いよー。
*露骨にビクビクするモート。可愛いよー。
*隠れてタバコを吸うモート。可愛いよー。
 (でも口から煙出てるよー。バレバレだよー。)
*家政婦さんに指ピストル向けるモート。可愛いよー。
*パタパタ振って手を乾かすモート。可愛いよー。
*電話をぶんぶん振るモート。可愛いよー。
*チィィィィコォォォォォォって。可笑しいし可愛いよー。
 (ワレワレハ ウチュウジンダって言ってほしいよー。笑)
*黒ニット帽をかぶるモート。可愛いよー。
*ドリドスの袋をかかえながら食べるモート。可愛いよー。
*アゴを鳴らすモート。だいぶ可笑しいよー。
*電話の線を持ってぶらぶら持ち歩いてガンガンぶつけてるモート。可愛いよー。
*カウチでウトウトするモート。色っぽいよー。
 (衝動的に、あぁぁモートにダイブしたい!って思った自分が怖いよー。笑)
*ドアの後ろから現われたブラックモート。ぎゃあ!カッコイイ!!(え)
 あの目ゾクゾクするよー。怖いけどしびれるよー。
 (あ、この時の目って、冒頭の車の中での目と同じだ)
[PR]
by boom_boom_hal | 2004-11-05 23:48 | Johnny Depp
<< ぐったり 笑いの大学 & Secret ... >>